マンションの維持管理

部屋

マンションの維持管理の中でも大規模修繕工事は大きな問題になりがちです。一定期間が経過すれば必ず必要になることですので、適切な計画を立てて、居住者の理解を得て進めることが重要です。また、資金面で不足することがないように工事規模や資金調達の方法を検討する必要があります。

詳しく見る

マンションの維持補修

作業員

マンションの大規模修繕工事を行う場合には、様々な発注方式があります。マンションの管理会社に依頼する方法や建築施工会社に依頼する方法、設計管理会社などを間に挟む方法などがあります。一般的には1戸当たり100万円程度と言われていますので、費用を十分に確認する必要があります。

詳しく見る

環境にやさしい対応

工具

定期的な維持管理

日本の気候は湿気が多いうえに住宅は木造中心になっているため、海外に比べるとスクラップアンドビルドで建て替えを選択するケースが一般的でしたが、自然環境の保全が重視されることから大規模修繕によって住宅を長期に維持する傾向が増加しています。大規模修繕は費用が掛かるので日常の維持管理次第で、大規模修繕を必要とする期間は大きく左右されることになります。マンションでは入居時に大規模修繕のための積立金を必要としていますが、戸建て住宅でも大規模修繕を行うためには積み立てをすることが重要です。住宅では税法上の耐用年数は定められておりますが、物理的には小規模な修繕を重ねることによって期間を延長することが可能となります。最近は修繕のための材質や施工技術の向上によって従来よりも維持管理にかける手間やコストの削減が図れるようになっています。外壁や屋根の老朽化が進むと躯体への影響が出てくるため、外壁や屋根の定期的な維持管理を行うことが重要です。住宅は世帯の変化によっても大規模修繕に合わせてリフォームを行うことが最近の傾向となっています。核家族化の進展が進んでおり、親子が世代を越えて一緒に住むケースが少なくなっておりますので、大規模修繕を行うだけでは住宅をそのまま維持することが効率的ではなくなってきています。住民の高齢化によるバリアフリーについても大規模修繕同様に重要な課題となっていますので、計画的に実施することが必要です。

Copyright© 2018 環境を配慮して大規模修繕!【外壁や屋根の定期的な維持管理】 All Rights Reserved.